• ホーム
  • もしかしたら性感染症かも!クラミジアに感染した時の初期症状や特徴

もしかしたら性感染症かも!クラミジアに感染した時の初期症状や特徴

薬を飲む男性

性器クラミジア感染症は日本国内で患者数が多いことが知られており、感染者と性交渉をするとうつされてしまう恐れがあります。予防措置を講じないで性行為をおこなう場合に病原菌に感染する確率は、3~5割といわれています。クラミジアは感染力が非常に強いという特徴があり、たった1回の性行為でもうつる危険性があります。

この感染症は初期の段階で発見して治療をすれば飲み薬だけで簡単に治療をすることができますが、発見が遅れると重症化して不妊症になる危険性があります。クラミジアに感染してしまった場合は、初期症状の段階で見つけて早めに治療を開始することが大切です。性器クラミジアに感染して発症する場合は、いくつかの段階を経て症状が悪化します。早期発見のためには、初期症状の特徴を知っておくと役立ちます。病原菌は男性と女性の両方に感染して炎症を引き起こしますが、男女で症状が違うので注意が必要です。

男性が性器クラミジアに感染した場合、病原体は最初に尿道の粘膜で増殖をして尿道炎を起こします。男性が尿道炎を発症した時の症状の特徴ですが、排尿時に痒みなどの違和感や軽い痛みを感じることです。排尿の際にいつもと違った感じがしたり、尿道が少し痛いことがあります。場合によっては尿と一緒に少量の膿が排出されることもあります。

女性が性器クラミジアに感染すると、最初に膣炎や子宮頸管炎を発症します。女性の膣の奥の方は痛みを伝える神経がほとんどないので、自覚症状が出にくいという特徴があります。それでも、普段よりもおりものが多くなったり下腹部に軽い痛みを感じる場合があります。初期症状の段階で強い痛みを感じるようなことはありませんが、何らかの違和感があります。

注意すべき点は、性器クラミジアの初期症状は男性・女性ともに自覚症状が出にくいので病気に築かない人が多いことです。男性患者の約半数、女性患者の8割が初期症状に気づきません。女性の場合は下腹部に軽い痛みを感じることがありますが、生理痛と判断して放置してしまうケースも少なくありません。

クラミジアの感染が疑われるような行為をしたら、体の異変に注意を払うようにしましょう。発症初期の段階にははっきりとした自覚症状は出にくいですが、注意をしていれば異変に気づくことができるからです。クラミジアは自然に治ることがないので、重症化する前に病気を見つけて早めに有効な抗菌薬を服用して治療を開始することが大切です。